Connectivity

接続性

ソーシャルディスタンスの時代にエンゲージメントの重要性は、ますます高まっている。しかし、デジタル化の加速によって、接触手段がさらに分散していくなか、「絆」構築に至るまでの道のりは、かつてないほど険しい。そんななか、いま求められているのは接続性(Connectivity)だ。ただ、ユーザーへ「リーチ」するのではなく、いかに「コネクト」するべきか? また、ユーザーと接続しているからこそ積み重ねられる「経験価値」とは?

DIGIDAY[日本版]編集長 長田 真

In an age of social distancing, the importance of engagement is increasing more than ever. But while our range of option for contact becomes wider due to the acceleration of digitization, the road to establish “bonds” has become rugged like never before. In such a situation, connectivity is what people are looking for. The issue here is: Instead of simply “reaching” to users, how do we “connect”? And what is the “value of experience” that is accumulated because we are connected to users?

DIGIDAY Japan, Editor in Chief Shin Osada

感染拡大防止対策について

本イベントは政府や東京都のガイドラインに従い、感染予防に最大限努めながら、リアルイベントとしての開催を予定しております。 ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

今後の状況変化に伴い、実施事項に変更があった場合は速やかにご案内いたします。

詳しくは、こちらをご覧ください。


※イベントのタイムテーブルやセッションの詳細につきましては、決まり次第順次掲載いたします。

Attendee

参加企業
上記ほか、
ACRO / βase(Minimal - Bean to Bar Chocolate -) / Mizkan Holdings(ミツカンホールディングス) / Preferred Networks / 青山商事 / ビームス / ダイキン工業 / ディー・エヌ・エー / ハウス食品グループ本社 / インディードジャパン / 花王 / 小林製薬 / クラレ / 毎日新聞社 / 三井住友カード / 日本アイ・ビー・エム / ポーラ / ロート製薬 / サンリオ / サッポロビール / 小学館 / サントリーコミュニケーションズ / タカラトミー / テレビ東京コミュニケーションズ / ユナイテッドアローズ / バリュエンス

※ロゴ/企業名 ABC順
※法人格省略

Speakers

スピーカー
  • 粟飯原 健
    Ken Aihara
    パブマティック株式会社
    アドバタイザーソリューション
    シニアディレクター
    粟飯原 健
    Ken Aihara
    パブマティック株式会社
    アドバタイザーソリューション
    シニアディレクター

    PubMaticの日本法人のシニアディレクターとして、広告主、広告会社など、デマンドサイドのAdvertiser Solution部門を担当。
    同社のミッションである”PubMatic fuels the endless potential of internet content creators”に共感し、透明性の高い健全なオープンインターネットの成長に貢献するために2021年9月同社入社。前職の電通ではテレビ局、社費留学等を経て、デジタル・ビジネス局で運用型広告、メディア開発、投資評価など、メディアビジネス全般に従事。カリフォルニア大学バークレー校経営大学院卒(金融工学修士)。

    As a senior director at PubMatic, Ken Aihara is leading Advertiser Solution team in Japan. Intrigued by the company’s mission, “PubMatic fuels the endless potential of internet content creators.” he joined PubMatic in September 2021 to contribute to the sound growth of open Internet with transparency.
    In Dentsu, he worked at TV Division and Digital Business Division, engaged in media business for programmatic ad, media development, and investments.
    He holds a Master of Financial Engineering from Haas School of Business, the University of California at Berkeley.

  • 伊藤 謙太郎
    Kentaro Ito
    株式会社そごう・西武
    事業デザイン部
    CHOOSEBASE SHIBUYAディレクター
    伊藤 謙太郎
    Kentaro Ito
    株式会社そごう・西武
    事業デザイン部
    CHOOSEBASE SHIBUYAディレクター

    大手広告代理店・SIerを経て、2018年7月にそごう・西武に入社。2019年春より、新規事業の策定に取り掛かり、「Future of Retail」をテーマにしたOMOストア「CHOOSEBASE SHIBYUYA」を2021年9月にオープン。百貨店が培ってきた強みを活かしながら、テクノロジーを活用してリアルの消費体験を向上させることに挑戦中。

    After working for a major advertising agency and SIer, he joined Sogo & Seibu in July 2018. in spring 2019, he started to formulate a new business and opened an OMO store “CHOOSEBASE SHIBUYA” with the theme of “Future of Retail” in September 2021. He is now taking on the challenge of using technology to improve the real consumer experience while leveraging the strengths that department stores have cultivated.

  • 今村 幸彦
    Yukihiko Imamura
    Teads Japan 株式会社
    マネージング・ディレクター
    今村 幸彦
    Yukihiko Imamura
    Teads Japan 株式会社
    マネージング・ディレクター

    ビューアブル広告市場をリードするTeads社における日本事業を統括。ソニー㈱、㈱電通、を経て現在に至る。

    Teadsは、国内において400以上のプレミアムパブリッシャーの記事中にインタラクティブ広告の配信を可能にするプラットフォーム。ブランドセーフティ、ビューアビリティ、ユーザビリティ等の広告価値棄損問題を排除。大手クライアントのフルファネルキャンペーンにおいて数多くの実績を誇る。

    Overseeing Japan business at Teads, the World’s No.1 Viewable Ad Marketplace. Proprietary InReadTM format allows brands to solve major problems of the industry today, such as brand safety, viewability and user-friendly format. Yuki brings extensive industry knowledge and network from his previous careers including Sony, Dentsu and Kenshoo, where he was the Managing Director of APAC.

  • 大山 翼
    Tsubasa Ohyama
    株式会社グッドパッチ
    Design Division(デザインパートナー事業 国内クライアントワーク部門)
    General Manager
    大山 翼
    Tsubasa Ohyama
    株式会社グッドパッチ
    Design Division(デザインパートナー事業 国内クライアントワーク部門)
    General Manager

    ネットイヤーグループ・リクルートでのサービスデザインや新規事業開発を経験後、2017年11月グッドパッチ入社。UXデザイナー・プロジェクトマネジャーとして、金融・エンタメ・外食サービス等のサービスデザイン(プロセス設計・リサーチ・UXデザイン・要件設計)を担当。2018年よりクライアントワーク部門のマネジメントメンバーとして、デザイン戦略及びプロジェクトマネジメント領域のソリューション開発や組織開発を経て、現在はクライアントワーク部門の事業責任者として事業全体の組織マネジメントを担当。

    After working in service design and new business development at Netyear Group and Recruit Co., Ltd, I joined Goodpatch in November 2017, and as a UX designer and project manager, I was in charge of service design (process design, research, UX design, and requirements design) for financial, entertainment, and restaurant services. From 2018, as a management member of the Client Work Division, he has been developing solutions and organization in the areas of design strategy and project management, and is currently in charge of organization management for the entire business as the Business Manager of the Client Work Division.

    Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

  • 長田 真
    SHIN OSADA
    DIGIDAY[日本版] 編集長
    長田 真
    SHIN OSADA
    DIGIDAY[日本版] 編集長

    株式会社宣伝会議の月刊誌『編集会議』『ブレーン』の制作に携わった後、2004年に株式会社インフォバーン入社。国内有数のブログメディア「ギズモード・ジャパン」「ライフハッカー[日本版]」などのプロデューサー・編集長を歴任する。 その後、ソリューション事業で大手企業のオウンドメディア立ち上げ・運営 を担当。2015年9月よりDIGIDAY[日本版]編集長に就任。

  • 音部 大輔
    Dàisuke Otobe
    株式会社クー・マーケティング・カンパニー
    代表取締役
    音部 大輔
    Dàisuke Otobe
    株式会社クー・マーケティング・カンパニー
    代表取締役

    株式会社クー・マーケティング・カンパニー 代表取締役
    17年間の日米P&Gを経て、欧州系消費財メーカーや資生堂などで、マーケティング組織強化やビジネスの回復・伸長をマーケティング担当副社長やCMOとして主導。2018年より独立し、現職。NHK、関西電力をはじめ、国内外の多様なクライアントにマーケティング組織強化やブランド戦略などを支援。博士(経営学 神戸大学)。 著書に『なぜ「戦略」で差がつくのか。』(宣伝会議)、『マーケティングプロフェッショナルの視点』(日経BP)、『The Art of Marketing マーケティングの技法』(宣伝会議)がある。

    Coup Marketing Company, Inc./CEO:Started career at P&G Marketing Dept. for 17 years including assignment at the central team in US HQ. After coming back to Japan, led and built Marketing and Branding organization at Danone Japan, Unilever Japan and Shiseido Japan as VP Marketing and CMO. Author of “Why Strategies Make a Difference” about Marketing Strategy, and “Marketing Professional’s Points of View” and “The Art of Marketing”about Marketing and Branding.

  • 緒方 恵
    Kei Ogata
    株式会社βace(Minimal - Bean to Bar Chocolate -)
    取締役COO
    緒方 恵
    Kei Ogata
    株式会社βace(Minimal - Bean to Bar Chocolate -)
    取締役COO

    東急ハンズのデジタル部門責任者を経て、2016年に中川政七商店の執行役員CDOとして入社し、DXを推進。
    18年に取締役となり、販売・コミュニケーション・システム部門を統括。
    21年7月に取締役CDOを退任し、パートタイムオフィサー(PTO)に就任するとともに、Minimal – Bean to Bar Chocolate -を運営する株式会社βaceの取締役に就任。

    After working as the head of digital department at Tokyu Hands, he joined Nakagawa Masashichi Shoten in 2016 as an executive officer CDO and promoted DX.
    He became a director in 2016, overseeing the sales, communications, and systems divisions.
    In July 2019, he stepped down as Director and CDO to become a Part Time Officer (PTO), and also became a Director of Bace Inc. which operates Minimal – Bean to Bar Chocolate -.

    Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

  • 片山 義丈
    Yoshitake Katayama
    ダイキン工業株式会社
    総務部広告宣伝グループ
    グループ長 部長
    片山 義丈
    Yoshitake Katayama
    ダイキン工業株式会社
    総務部広告宣伝グループ
    グループ長 部長

    1988年 ダイキン工業入社、総務部宣伝課
    1996年 広報部 広報担当
    2000年 広報部広告宣伝・WEB担当課長を経て
    2007年 より現職

    業界5位のダイキンのルームエアコンを一躍トップに
    押し上げた新ブランド「うるるとさらら」の導入、
    ゆるキャラ「ぴちょんくん」ブームに携わる。

    統合型マーケティングコミュニケーションによる企業ブランドと商品ブランド構築、
    広告メディア購入、グローバルグループWEBサイト統括を担当 日本広告学会員

    involved in building corporate and product brands through integrated marketing communications, advertising media buying, and the global group website.
    Responsible for building corporate and product brands through integrated marketing communications, advertising media purchasing, and global group website management.

  • 菊地 真之
    Masayuki Kikuchi
    Braze株式会社
    代表取締役社長
    菊地 真之
    Masayuki Kikuchi
    Braze株式会社
    代表取締役社長

    IT業界で15年以上の経験を持ち、DX支援と事業収益の拡大に尽力。

    インテック、SAPジャパンを経て、2014年よりアドビにて、デジタルエクスペリエンス事業本部にて戦略顧客部門本部長として日本企業のDX推進を支援。

    2020年11月よりBraze株式会社の代表取締役社長に就任。

    Experiencing more than 15 years in the IT industry, helping DX and expanding company’s business growth.

    After working at INTEC and SAP Japan, It had been supported the DX of Japanese companies in Adobe since 2014 as head of strategic customer division at digital experience business division.

    To be assumed the position of Representative Director & Country Manager of Braze K.K. in November 2020.

  • 楠田 倫子
    Tomoko Kusuda
    日本ロレアル株式会社
    コーポレート・アフェアズ&コミュニケーション本部
    ヴァイスプレジデント コーポレート・アフェアズ&コミュニケーション本部長
    楠田 倫子
    Tomoko Kusuda
    日本ロレアル株式会社
    コーポレート・アフェアズ&コミュニケーション本部
    ヴァイスプレジデント コーポレート・アフェアズ&コミュニケーション本部長

    1989年上智大学法学部 卒
    1994年米国コロンビア大学経営大学院にてMBA取得

    国内金融機関、米系消費財メーカーを経て1999年日本ロレアル入社。
    ロレアル プロフェッショナル、ケラスターゼなどサロン流通のヘアケアブランドのマーケティング統括やアジア市場における製品開発を担当したのち、2009年より、ヘレナ ルビンスタイン、シュウ ウエムラなど百貨店流通のラグジュアリーブランドの事業部長職を歴任。2015年に、ラ ロッシュ ポゼなど主としてメディカル系スキンケアブランドを統括するアクティブ コスメティックス事業部 事業部長に就任。2020年1月1日付で、ヴァイスプレジデント 兼 コーポレート・コミュニケーション本部 本部長に就任、現在に至る。

    日本ロレアルエグゼクティブコミッティーメンバー。

    BA 1989, Sophia University, Tokyo
    MBA 1994, Columbia Business School, US

    After working for a domestic financial institution and a U.S. FMCG company, she joined L’Oréal Japan in 1999. First in Professional Products Division, she led marketing and product development teams of salon hair care brands such as L’Oréal Professional, Kerastase. In 2009, she moved to L’Oréal Luxe division, where she led various brands distributed in premium channel, such as Helena Rubinstein and Shu Uemura. In 2015, she became General Manager of the Active Cosmetics Division, which distributes dermatological skin care brands such as La Roche-Posay.

    A member of L’Oréal Japan Executive Committee.

  • 駒﨑 誠一郎
    Seiichiro Komazaki
    TikTok For Business Japan
    Global Business Marketing Japan
    Senior Brand Strategist
    駒﨑 誠一郎
    Seiichiro Komazaki
    TikTok For Business Japan
    Global Business Marketing Japan
    Senior Brand Strategist

    2010年~ オプト入社 営業兼プランナー
    2013年~ I&S BBDO 入社 デジタルストラテジスト
    2016年~ BBDO JAPAN Planning Director
    2019年~ PUMA JAPAN Marketing Planning Manager
    2021年1月からTikTok For Business Japan

    2010, OPT Inc / Sales and Planner
    2013, I&S BBDO / Digital Strategist
    2016, BBDO JAPAN / Planning Director
    2019, PUMA JAPAN / Marketing Planning Manager
    Jan.2021-, TikTok For Business Japan

  • コバリ・クレチマーリ シルビア
    Szilvia Kovari- Krecsmary
    株式会社Paidy
    マーケティング本部
    CMO
    コバリ・クレチマーリ シルビア
    Szilvia Kovari- Krecsmary
    株式会社Paidy
    マーケティング本部
    CMO

    ハンガリー出身。東京大学教養学部卒業後、ストラテジストとしてJWTに入社。2006年アメリカの本社に転勤になり、ニューヨークと東京を拠点に5大陸のFortune 500及び日系大手企業の事業戦略・マーケティング戦略を手掛けてきた。その後Ashridge HultでMBAを取得、電通を経てアーンスト・アンド・ヤング(EY)に入社、2017年に日本に戻る。Netflix Japanを経て、2019年12月から現職。

    Szilvia Kovari-Krecsmary has served as CMO at Paidy since December of 2019. Ms. Kovari-Krecsmary has experience working for Netflix as the Director of Partner Marketing in Japan and for Ernst and Young as an Executive Director in consulting, strategy and digital innovation.

  • 須藤 摩耶
    Maya Sudo
    ハースト婦人画報社
    ハースト・データ・スタジオ 兼 ハースト・メイド
    ビジネスデベロップメントシニアマネージャー
    須藤 摩耶
    Maya Sudo
    ハースト婦人画報社
    ハースト・データ・スタジオ 兼 ハースト・メイド
    ビジネスデベロップメントシニアマネージャー

    パフォーマンスマーケティングのスタートアップで新規事業開発やデータ分析を担当、金融業ブランドのデジタルマーケティングシニアマネージャーを経て、約20年デジタルマーケティングに従事。2019年ハースト・デジタル・ジャパンに入社し、「ハースト・データ・スタジオ」の立ち上げに参画。現在は、データ・スタジオに加え、クライアントのコンテンツマーケティングを包括的に企画支援する「ハースト・メイド」にて、ビジネス開発を担当

    Joined Hearst Digital Japan in 2019 as a senior business development manager for HEARST Data Studio and HEARST made utilizing the 1st party data analysis & insights. 20 years of digital marketing experience across a spectrum of new business development and data analysis in a performance marketing start-up, as well as branding and lead generation in a financial company.

  • 武田 隆
    Takashi Takeda
    DoubleVerify Japan株式会社
    日本代表 カントリーディレクター
    武田 隆
    Takashi Takeda
    DoubleVerify Japan株式会社
    日本代表 カントリーディレクター

    2020年4月にDoubleVerify Japan株式会社日本法人代表に就任。それ以前は2012年より約8年にわたりグーグルジャパン広告営業本部で執行役員として、主に大手広告主にYouTubeをはじめとするビデオ広告、ディスプレイ広告のソリューションを提供するチームを担当し、直近ではデジタルメディアでのクリエイティブの活用について、また様々な業界と共同で取り組むイベントなどのお手伝いをするチームを担当。それ以前は20年以上にわたり広告業界、主に外資系のクリエイティブエージェンシーでグローバルブランドのマーケティングを担当。

    In April 2020, Takashi Takeda joined DoubleVerify Japan as Country Manager. Prior to that, he spent eight years as an executive officer at Google Japan, where he was responsible for providing video and display advertising solutions for YouTube and other major advertisers. More recently, he has been responsible for a team that helps leverage creativity in digital media and collaborates with various industries on events. Prior to that, he spent over 20 years in the advertising industry, primarily at foreign creative agencies, where he was responsible for marketing global brands.

  • 田中準也
    Junya Tanaka
    株式会社インフォバーン
    代表取締役 社長
    田中準也
    Junya Tanaka
    株式会社インフォバーン
    代表取締役 社長
  • 手島 湖太郎
    Kotaro Teshima
    株式会社メディアジーン
    執行役員
    グロースマーケティング部門
    手島 湖太郎
    Kotaro Teshima
    株式会社メディアジーン
    執行役員
    グロースマーケティング部門
  • 鳥井 武志
    Takeshi Torii
    LiveRamp Japan株式会社
    営業
    日本営業責任者
    鳥井 武志
    Takeshi Torii
    LiveRamp Japan株式会社
    営業
    日本営業責任者

    2002年からインターネットビジネスに従事し、検索連動型広告最大手のオーバーチュアにて、ビジネスディベロップメント部門において主要パブリッシャーとのリスティング広告事業の拡大に寄与。Yahoo! JAPANによる買収後には、ディスプレイアドネットワーク事業ならびにアドエクスチェンジ事業も担当。その後、AudienceScience Japanを経た後、デバイス推定技術「AdTruth」の日本とアジア全体における事業責任者や、韓国最大のDSP/DMP企業Wider Planet Inc.の日本法人代表を経て、2019年よりLiveRamp Japanに日本営業責任者として参画。

    Takeshi Torii started my career at a trading company, and later joined K Laboratory, currently known as KLab, to participate in the business for telecom and ASP. After that, I joined Overture K.K. to develop partnership with major publishers. After the acquisition by Yahoo! JAPAN, I took charge of listing ad and display ad businesses, also launched Ad Exchange business in 2010.
    After participating in launch of AudienceScience Japan, I joined The 41st Parameter in 2013 as Head of AdTruth Japan to build up and lead the business in Japan, as well as sales director in APAC.
    In April 2017, registered Japan branch of WiderPlanet Inc. from scratch, and lead the business in Japan as President&CEO.
    Now working at LiveRamp and providing the identity technology for data safe haven.

  • 中嶋 ケニー 賢
    Kenny Nakashima
    株式会社Legoliss
    取締役/プロダクトソリューション事業部
    中嶋 ケニー 賢
    Kenny Nakashima
    株式会社Legoliss
    取締役/プロダクトソリューション事業部

    大学卒業後に渡米。帰国後、大手鉄鋼企業を経て、株式会社インタースパイア(現ユナイテッド株式会社)入社。モバイルレップ事業部のマネージャーとして100社以上の広告代理店を担当したのち、株式会社フリークアウトでシニアマネージャーとしてプラットフォームのOEM提供を行う。その後、マーベリック株式会社で執行役員としてパートナーセールスの管掌、及び海外事業の立ち上げと推進を行う。複数のスタートアップ企業のビジネスコンサルティングを手がけた後、Legolissに参画。

    After graduating from university, he moved to the United States. After returning to Japan, he worked for a major steel company before joining Interspire Corporation (now United Corporation). As a manager of the Mobile Rep Division, he was in charge of more than 100 advertising agencies, and then became a senior manager at Freakout Inc. Later, as an executive officer of Maverick Corporation, he was in charge of partner sales and launched and promoted overseas business. After working in business consulting for several startups, joined Legoliss.

  • 長谷川 敦
    Atsushi Hasegawa
    レゴジャパン株式会社
    代表取締役社長
    長谷川 敦
    Atsushi Hasegawa
    レゴジャパン株式会社
    代表取締役社長

    1975年愛知県生まれ。1998年、一橋大学商学部卒業。
    大学卒業後、大手総合商社に入社。コンサルティング業界を経て、P&G、Phillips等大手FMCGにてマーケティングやビジネスマネジメントの責任者を歴任。外資系ベンチャー企業の日本カントリーマネージャを経験後、2014年にレゴジャパンのマーケティング担当ディレクターに就任。2018年よりレゴ シンガポールに赴任しレゴ アジアパシフィック地区 ゼネラルマネージャーを務めたのち、2020年3月に帰任しレゴジャパン株式会社代表取締役に就任。

    Born in Aichi, 1975. Graduated from Hitotsubashi University in 1998 and joined a Japanese major general trading company. After experiencing consulting industry, successively held the various supervisor posts of marketing and business management in the major FMCG such as P&G or Philips. After experiencing the post of Japan country manager of foreign venture firm, took up a post of LEGO Japan Marketing Director in 2014. In 2018 relocated to LEGO Singapore to hold an Asia Pacific region General Manager post, and in 2020 returned to LEGO Japan as General Manager.

  • 原田 健
    Ken Harada
    Magnite
    東京事務所
    カントリーマネージャー ジャパン
    原田 健
    Ken Harada
    Magnite
    東京事務所
    カントリーマネージャー ジャパン

    PCやモバイルなどのデバイスで広告収益を最大化する動画用広告配信プラットフォーム「Magnite」の日本のカントリーマネージャー。大手広告代理店と戦略的なパートナーシップを結び、国内パブリッシャーの在庫のマネタイズに取り組む。
    デジタル広告業界で約20年の経験をもつ。黎明期のバナー広告を皮切りに、アフィリエイト、リスティングとキャリアを重ねた後、2012年からはオーストラリアの独立系トレーディングデスクSparc Media(日本マネージングディレクター)でプログラマティック分野に移行。その後も国内最大級のトレーディングデスクs1o interactive(海外事業戦略室シニアディレクター)やフィンランドのSSP企業Kiosked(日本カントリーマネージャー)で、広告サプライチェーンと広告代理店のニーズに関する知見を深めてきた。

    Ken Harada is Japan’s Managing Director for Magnite. With about 20 years of experience in the digital advertising industry, he began his career with banner advertising and moved to the programmatic field from 2012 at the independent trading desk Sparc Media in Australia as Managing Director of Japan. He has since worked with multiple advertising supply chains and advertising agencies including one of the largest trading desks in Japan, s1o interactive and Kiosked, a Finnish SSP company.

  • 松村 吏司
    Satoshi Matsumura
    株式会社講談社
    コミュニケーション事業第一部 デジタルマーケティンググループ
    副部長
    松村 吏司
    Satoshi Matsumura
    株式会社講談社
    コミュニケーション事業第一部 デジタルマーケティンググループ
    副部長

    メディア企業、Google、コンサル企業を経て、2018年に講談社へ入社。現代ビジネスにて広告営業を担当し、同時に運用型広告事業を担うデジタルマーケティンググループを立ち上げ、DMPを活用した広告プラットフォーム事業「OTAKAD」やタイアップ広告の様々なデジタル広告プランニングに従事。

    Experienced working at Digital Media company, Google, Media concerting company, Leading and managing ad operation and programatic ad sales team in Kodansha. Established “OTAKAD” as a publisher trading ad platform solution.

  • 山岸 祐加子
    Yukako Yamagishi
    メディアジーン
    Glossy Japan 編集長
    山岸 祐加子
    Yukako Yamagishi
    メディアジーン
    Glossy Japan 編集長

    広告代理店、女性誌の編集者を経て、2000年に株式会社カフェグローブに入社。日本における女性向けWebメディアの草分け的存在であるcafeglobe(現MASHING UP)で副編集長を務め、2009年からはモードメディアのWeb編集者・プロデューサーとしてタイアップや特集を担当し、2017年には株式会社メディアジーンに入社。MYLOHASに編集長として入社し、2020年9月より現職。

  • 分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長
    分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長

    編集プロダクションで書籍編集を経験後、株式会社ジェイ・キャストでWebメディアの記者・編集者に。大手インターネットニュース「J-CASTニュース」をはじめ、医療情報や地域情報など多様なジャンルのニュースメディア運営に携わる。2018年8月に株式会社メディアジーンに入社し、DIGIDAY[日本版]編集部に所属。2021年より現職。

※本イベント開催時の所属および役職です。

Agenda

アジェンダ
DECEMBER 8
8:30 - 9:00
Registration Desk Opens
9:00 - 9:30
TownHall
  • 分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長
    分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長

    編集プロダクションで書籍編集を経験後、株式会社ジェイ・キャストでWebメディアの記者・編集者に。大手インターネットニュース「J-CASTニュース」をはじめ、医療情報や地域情報など多様なジャンルのニュースメディア運営に携わる。2018年8月に株式会社メディアジーンに入社し、DIGIDAY[日本版]編集部に所属。2021年より現職。

  • 手島 湖太郎
    Kotaro Teshima
    株式会社メディアジーン
    執行役員
    グロースマーケティング部門
    手島 湖太郎
    Kotaro Teshima
    株式会社メディアジーン
    執行役員
    グロースマーケティング部門
9:30 - 10:00
Sandbox Presentations
  • 中嶋 ケニー 賢
    Kenny Nakashima
    株式会社Legoliss
    取締役/プロダクトソリューション事業部
    中嶋 ケニー 賢
    Kenny Nakashima
    株式会社Legoliss
    取締役/プロダクトソリューション事業部

    大学卒業後に渡米。帰国後、大手鉄鋼企業を経て、株式会社インタースパイア(現ユナイテッド株式会社)入社。モバイルレップ事業部のマネージャーとして100社以上の広告代理店を担当したのち、株式会社フリークアウトでシニアマネージャーとしてプラットフォームのOEM提供を行う。その後、マーベリック株式会社で執行役員としてパートナーセールスの管掌、及び海外事業の立ち上げと推進を行う。複数のスタートアップ企業のビジネスコンサルティングを手がけた後、Legolissに参画。

    After graduating from university, he moved to the United States. After returning to Japan, he worked for a major steel company before joining Interspire Corporation (now United Corporation). As a manager of the Mobile Rep Division, he was in charge of more than 100 advertising agencies, and then became a senior manager at Freakout Inc. Later, as an executive officer of Maverick Corporation, he was in charge of partner sales and launched and promoted overseas business. After working in business consulting for several startups, joined Legoliss.

  • 菊地 真之
    Masayuki Kikuchi
    Braze株式会社
    代表取締役社長
    菊地 真之
    Masayuki Kikuchi
    Braze株式会社
    代表取締役社長

    IT業界で15年以上の経験を持ち、DX支援と事業収益の拡大に尽力。

    インテック、SAPジャパンを経て、2014年よりアドビにて、デジタルエクスペリエンス事業本部にて戦略顧客部門本部長として日本企業のDX推進を支援。

    2020年11月よりBraze株式会社の代表取締役社長に就任。

    Experiencing more than 15 years in the IT industry, helping DX and expanding company’s business growth.

    After working at INTEC and SAP Japan, It had been supported the DX of Japanese companies in Adobe since 2014 as head of strategic customer division at digital experience business division.

    To be assumed the position of Representative Director & Country Manager of Braze K.K. in November 2020.

  • 粟飯原 健
    Ken Aihara
    パブマティック株式会社
    アドバタイザーソリューション
    シニアディレクター
    粟飯原 健
    Ken Aihara
    パブマティック株式会社
    アドバタイザーソリューション
    シニアディレクター

    PubMaticの日本法人のシニアディレクターとして、広告主、広告会社など、デマンドサイドのAdvertiser Solution部門を担当。
    同社のミッションである”PubMatic fuels the endless potential of internet content creators”に共感し、透明性の高い健全なオープンインターネットの成長に貢献するために2021年9月同社入社。前職の電通ではテレビ局、社費留学等を経て、デジタル・ビジネス局で運用型広告、メディア開発、投資評価など、メディアビジネス全般に従事。カリフォルニア大学バークレー校経営大学院卒(金融工学修士)。

    As a senior director at PubMatic, Ken Aihara is leading Advertiser Solution team in Japan. Intrigued by the company’s mission, “PubMatic fuels the endless potential of internet content creators.” he joined PubMatic in September 2021 to contribute to the sound growth of open Internet with transparency.
    In Dentsu, he worked at TV Division and Digital Business Division, engaged in media business for programmatic ad, media development, and investments.
    He holds a Master of Financial Engineering from Haas School of Business, the University of California at Berkeley.

10:00 - 10:15
Break
10:15 - 10:20
Opening Remarks
  • 長田 真
    SHIN OSADA
    DIGIDAY[日本版] 編集長
    長田 真
    SHIN OSADA
    DIGIDAY[日本版] 編集長

    株式会社宣伝会議の月刊誌『編集会議』『ブレーン』の制作に携わった後、2004年に株式会社インフォバーン入社。国内有数のブログメディア「ギズモード・ジャパン」「ライフハッカー[日本版]」などのプロデューサー・編集長を歴任する。 その後、ソリューション事業で大手企業のオウンドメディア立ち上げ・運営 を担当。2015年9月よりDIGIDAY[日本版]編集長に就任。

10:20 - 10:30
Biggest Trend in the Industry
  • 分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長
    分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長

    編集プロダクションで書籍編集を経験後、株式会社ジェイ・キャストでWebメディアの記者・編集者に。大手インターネットニュース「J-CASTニュース」をはじめ、医療情報や地域情報など多様なジャンルのニュースメディア運営に携わる。2018年8月に株式会社メディアジーンに入社し、DIGIDAY[日本版]編集部に所属。2021年より現職。

10:30 - 10:50
人々は、なぜレゴブロックに魅了されるのか?:Joy of Building, Pride of Creation.
約90年の歴史があるレゴ社(LEGO)は、コロナ禍という逆風においても、大きく業績を伸ばしている。その好調を牽引しているひとつの要因は、やはりeコマースやSNSサービスなど、デジタルへの投資だ。しかし、そうしたビジネス判断にも、同社のブランドフレームワークにある、一番大事なプロミスの部分が肝になっているという。レゴ社日本法人代表の長谷川敦氏にクー・マーケティング・カンパニー代表取締役の音部大輔氏が迫る。
  • 長谷川 敦
    Atsushi Hasegawa
    レゴジャパン株式会社
    代表取締役社長
    長谷川 敦
    Atsushi Hasegawa
    レゴジャパン株式会社
    代表取締役社長

    1975年愛知県生まれ。1998年、一橋大学商学部卒業。
    大学卒業後、大手総合商社に入社。コンサルティング業界を経て、P&G、Phillips等大手FMCGにてマーケティングやビジネスマネジメントの責任者を歴任。外資系ベンチャー企業の日本カントリーマネージャを経験後、2014年にレゴジャパンのマーケティング担当ディレクターに就任。2018年よりレゴ シンガポールに赴任しレゴ アジアパシフィック地区 ゼネラルマネージャーを務めたのち、2020年3月に帰任しレゴジャパン株式会社代表取締役に就任。

    Born in Aichi, 1975. Graduated from Hitotsubashi University in 1998 and joined a Japanese major general trading company. After experiencing consulting industry, successively held the various supervisor posts of marketing and business management in the major FMCG such as P&G or Philips. After experiencing the post of Japan country manager of foreign venture firm, took up a post of LEGO Japan Marketing Director in 2014. In 2018 relocated to LEGO Singapore to hold an Asia Pacific region General Manager post, and in 2020 returned to LEGO Japan as General Manager.

  • 音部 大輔
    Dàisuke Otobe
    株式会社クー・マーケティング・カンパニー
    代表取締役
    音部 大輔
    Dàisuke Otobe
    株式会社クー・マーケティング・カンパニー
    代表取締役

    株式会社クー・マーケティング・カンパニー 代表取締役
    17年間の日米P&Gを経て、欧州系消費財メーカーや資生堂などで、マーケティング組織強化やビジネスの回復・伸長をマーケティング担当副社長やCMOとして主導。2018年より独立し、現職。NHK、関西電力をはじめ、国内外の多様なクライアントにマーケティング組織強化やブランド戦略などを支援。博士(経営学 神戸大学)。 著書に『なぜ「戦略」で差がつくのか。』(宣伝会議)、『マーケティングプロフェッショナルの視点』(日経BP)、『The Art of Marketing マーケティングの技法』(宣伝会議)がある。

    Coup Marketing Company, Inc./CEO:Started career at P&G Marketing Dept. for 17 years including assignment at the central team in US HQ. After coming back to Japan, led and built Marketing and Branding organization at Danone Japan, Unilever Japan and Shiseido Japan as VP Marketing and CMO. Author of “Why Strategies Make a Difference” about Marketing Strategy, and “Marketing Professional’s Points of View” and “The Art of Marketing”about Marketing and Branding.

10:50 - 11:10
ユーザーアテンションを高める「Cookielessターゲティング」の有効性
日本では世界各国と比較して、Cookieの減少が加速している。そのためデータが高騰し、ターゲティング層の縮小も顕著となってきた。また、来年施行される改正個人情報保護法により、プライバシーへの配慮も一層求められている。本セッションでは、ユーザーアテンションとCookielessターゲティングの最新調査を公開するとともに、国内企業の事例を交え、情報整理を行う。
  • 今村 幸彦
    Yukihiko Imamura
    Teads Japan 株式会社
    マネージング・ディレクター
    今村 幸彦
    Yukihiko Imamura
    Teads Japan 株式会社
    マネージング・ディレクター

    ビューアブル広告市場をリードするTeads社における日本事業を統括。ソニー㈱、㈱電通、を経て現在に至る。

    Teadsは、国内において400以上のプレミアムパブリッシャーの記事中にインタラクティブ広告の配信を可能にするプラットフォーム。ブランドセーフティ、ビューアビリティ、ユーザビリティ等の広告価値棄損問題を排除。大手クライアントのフルファネルキャンペーンにおいて数多くの実績を誇る。

    Overseeing Japan business at Teads, the World’s No.1 Viewable Ad Marketplace. Proprietary InReadTM format allows brands to solve major problems of the industry today, such as brand safety, viewability and user-friendly format. Yuki brings extensive industry knowledge and network from his previous careers including Sony, Dentsu and Kenshoo, where he was the Managing Director of APAC.

11:10 - 11:25
ペイディが実践する、究極の「デザイン思考」:やりたいことを実現できる、ブランドづくりとは?
国内で5社目のユニコーン企業となった、あと払い決済のペイディ(Paidy)。この9月には、米決済サービス大手「ペイパル」による3000億円の買収でも話題になった。クレジットカードがなくても利用できるこのサービスは現在、700万に迫る口座数を誇っている。なぜ、ここまでパートナーやユーザーに支持されるのか? その背景にある、同社のデザイン思考とブランドづくりについて紐解く。
  • コバリ・クレチマーリ シルビア
    Szilvia Kovari- Krecsmary
    株式会社Paidy
    マーケティング本部
    CMO
    コバリ・クレチマーリ シルビア
    Szilvia Kovari- Krecsmary
    株式会社Paidy
    マーケティング本部
    CMO

    ハンガリー出身。東京大学教養学部卒業後、ストラテジストとしてJWTに入社。2006年アメリカの本社に転勤になり、ニューヨークと東京を拠点に5大陸のFortune 500及び日系大手企業の事業戦略・マーケティング戦略を手掛けてきた。その後Ashridge HultでMBAを取得、電通を経てアーンスト・アンド・ヤング(EY)に入社、2017年に日本に戻る。Netflix Japanを経て、2019年12月から現職。

    Szilvia Kovari-Krecsmary has served as CMO at Paidy since December of 2019. Ms. Kovari-Krecsmary has experience working for Netflix as the Director of Partner Marketing in Japan and for Ernst and Young as an Executive Director in consulting, strategy and digital innovation.

11:25 - 11:35
Break
11:35 - 12:35
Lunch
12:35 - 12:45
Break
12:45 - 14:15
8-Minute Meetings ( 1on1 )
※Total 9round
14:15 - 14:35
Break
14:35 - 14:50
ブランドビジネスを促進するSDGs戦略とは?:「L’Oréal for the Future」のローカライズ事例
2030 年に向けたロレアルグループの新たなサステナビリティプロ グラム「L’Oréal for the Future(ロレアル・フォー・ザ・フューチャー)」。環境問題と、社会的課題の解決に向けての活動を日本ロレアルの各ブランドもスタートしている。ブランド哲学と社会文脈が合致した取り組みこそが消費者とのつながりへ。事例とともに共鳴を生むサステナビリティアクションとは?をGLOSSY JAPAN編集長の山岸祐加子と考えていく。
  • 楠田 倫子
    Tomoko Kusuda
    日本ロレアル株式会社
    コーポレート・アフェアズ&コミュニケーション本部
    ヴァイスプレジデント コーポレート・アフェアズ&コミュニケーション本部長
    楠田 倫子
    Tomoko Kusuda
    日本ロレアル株式会社
    コーポレート・アフェアズ&コミュニケーション本部
    ヴァイスプレジデント コーポレート・アフェアズ&コミュニケーション本部長

    1989年上智大学法学部 卒
    1994年米国コロンビア大学経営大学院にてMBA取得

    国内金融機関、米系消費財メーカーを経て1999年日本ロレアル入社。
    ロレアル プロフェッショナル、ケラスターゼなどサロン流通のヘアケアブランドのマーケティング統括やアジア市場における製品開発を担当したのち、2009年より、ヘレナ ルビンスタイン、シュウ ウエムラなど百貨店流通のラグジュアリーブランドの事業部長職を歴任。2015年に、ラ ロッシュ ポゼなど主としてメディカル系スキンケアブランドを統括するアクティブ コスメティックス事業部 事業部長に就任。2020年1月1日付で、ヴァイスプレジデント 兼 コーポレート・コミュニケーション本部 本部長に就任、現在に至る。

    日本ロレアルエグゼクティブコミッティーメンバー。

    BA 1989, Sophia University, Tokyo
    MBA 1994, Columbia Business School, US

    After working for a domestic financial institution and a U.S. FMCG company, she joined L’Oréal Japan in 1999. First in Professional Products Division, she led marketing and product development teams of salon hair care brands such as L’Oréal Professional, Kerastase. In 2009, she moved to L’Oréal Luxe division, where she led various brands distributed in premium channel, such as Helena Rubinstein and Shu Uemura. In 2015, she became General Manager of the Active Cosmetics Division, which distributes dermatological skin care brands such as La Roche-Posay.

    A member of L’Oréal Japan Executive Committee.

  • 山岸 祐加子
    Yukako Yamagishi
    メディアジーン
    Glossy Japan 編集長
    山岸 祐加子
    Yukako Yamagishi
    メディアジーン
    Glossy Japan 編集長

    広告代理店、女性誌の編集者を経て、2000年に株式会社カフェグローブに入社。日本における女性向けWebメディアの草分け的存在であるcafeglobe(現MASHING UP)で副編集長を務め、2009年からはモードメディアのWeb編集者・プロデューサーとしてタイアップや特集を担当し、2017年には株式会社メディアジーンに入社。MYLOHASに編集長として入社し、2020年9月より現職。

14:50 - 15:10
ブランドと築くオムニチャネル戦略
新型コロナウィルスの拡大も背景に、消費者が面するチャンネルはより多角的に変容し、ウェブだけでなく音声やOTTなど様々なフォーマットでの配信が主流になりつつある。本セッションでは、真のオムニチャネルSSPであるMagniteが、ブランドの皆様にどんな価値を提供出来るか、国内外の様々な分析や実績と共に解説する。
  • 原田 健
    Ken Harada
    Magnite
    東京事務所
    カントリーマネージャー ジャパン
    原田 健
    Ken Harada
    Magnite
    東京事務所
    カントリーマネージャー ジャパン

    PCやモバイルなどのデバイスで広告収益を最大化する動画用広告配信プラットフォーム「Magnite」の日本のカントリーマネージャー。大手広告代理店と戦略的なパートナーシップを結び、国内パブリッシャーの在庫のマネタイズに取り組む。
    デジタル広告業界で約20年の経験をもつ。黎明期のバナー広告を皮切りに、アフィリエイト、リスティングとキャリアを重ねた後、2012年からはオーストラリアの独立系トレーディングデスクSparc Media(日本マネージングディレクター)でプログラマティック分野に移行。その後も国内最大級のトレーディングデスクs1o interactive(海外事業戦略室シニアディレクター)やフィンランドのSSP企業Kiosked(日本カントリーマネージャー)で、広告サプライチェーンと広告代理店のニーズに関する知見を深めてきた。

    Ken Harada is Japan’s Managing Director for Magnite. With about 20 years of experience in the digital advertising industry, he began his career with banner advertising and moved to the programmatic field from 2012 at the independent trading desk Sparc Media in Australia as Managing Director of Japan. He has since worked with multiple advertising supply chains and advertising agencies including one of the largest trading desks in Japan, s1o interactive and Kiosked, a Finnish SSP company.

15:10 - 15:25
パブリッシャーデータ再考:その「接続性」における真価とは?
いまパブリッシャーデータが見直されている。サードパーティデータの終焉が近づくなか、プライバシーやブランドセーフティの観点からも、潜在顧客・見込み顧客との接続性に期待できるからだ。ファーストパーティデータをもとにしたマーケティングサービスを提供している、講談社およびハーストとのパネルディカッションで、その現在地と未来を探る。
  • 須藤 摩耶
    Maya Sudo
    ハースト婦人画報社
    ハースト・データ・スタジオ 兼 ハースト・メイド
    ビジネスデベロップメントシニアマネージャー
    須藤 摩耶
    Maya Sudo
    ハースト婦人画報社
    ハースト・データ・スタジオ 兼 ハースト・メイド
    ビジネスデベロップメントシニアマネージャー

    パフォーマンスマーケティングのスタートアップで新規事業開発やデータ分析を担当、金融業ブランドのデジタルマーケティングシニアマネージャーを経て、約20年デジタルマーケティングに従事。2019年ハースト・デジタル・ジャパンに入社し、「ハースト・データ・スタジオ」の立ち上げに参画。現在は、データ・スタジオに加え、クライアントのコンテンツマーケティングを包括的に企画支援する「ハースト・メイド」にて、ビジネス開発を担当

    Joined Hearst Digital Japan in 2019 as a senior business development manager for HEARST Data Studio and HEARST made utilizing the 1st party data analysis & insights. 20 years of digital marketing experience across a spectrum of new business development and data analysis in a performance marketing start-up, as well as branding and lead generation in a financial company.

  • 松村 吏司
    Satoshi Matsumura
    株式会社講談社
    コミュニケーション事業第一部 デジタルマーケティンググループ
    副部長
    松村 吏司
    Satoshi Matsumura
    株式会社講談社
    コミュニケーション事業第一部 デジタルマーケティンググループ
    副部長

    メディア企業、Google、コンサル企業を経て、2018年に講談社へ入社。現代ビジネスにて広告営業を担当し、同時に運用型広告事業を担うデジタルマーケティンググループを立ち上げ、DMPを活用した広告プラットフォーム事業「OTAKAD」やタイアップ広告の様々なデジタル広告プランニングに従事。

    Experienced working at Digital Media company, Google, Media concerting company, Leading and managing ad operation and programatic ad sales team in Kodansha. Established “OTAKAD” as a publisher trading ad platform solution.

  • 長田 真
    SHIN OSADA
    DIGIDAY[日本版] 編集長
    長田 真
    SHIN OSADA
    DIGIDAY[日本版] 編集長

    株式会社宣伝会議の月刊誌『編集会議』『ブレーン』の制作に携わった後、2004年に株式会社インフォバーン入社。国内有数のブログメディア「ギズモード・ジャパン」「ライフハッカー[日本版]」などのプロデューサー・編集長を歴任する。 その後、ソリューション事業で大手企業のオウンドメディア立ち上げ・運営 を担当。2015年9月よりDIGIDAY[日本版]編集長に就任。

15:25 - 15:45
クッキーレス時代のコネクティビティ - メディアクオリティの確保と良質なユーザーエンゲージメント -
昨今、広告業界はプライバシー情報における大きな変化に直面している。そんななか、いかに投資から最大限のインパクトを引き出すか? がマーケターの課題だ。本セッションでは、プライバシーに配慮したDoubleVerify(ダブルベリファイ)のソリューションにより、広告主がデジタル広告におけるクオリティとパフォーマンスを測定・分析し、いかに広告体験価値の最大化を図るかを解説する。
  • 武田 隆
    Takashi Takeda
    DoubleVerify Japan株式会社
    日本代表 カントリーディレクター
    武田 隆
    Takashi Takeda
    DoubleVerify Japan株式会社
    日本代表 カントリーディレクター

    2020年4月にDoubleVerify Japan株式会社日本法人代表に就任。それ以前は2012年より約8年にわたりグーグルジャパン広告営業本部で執行役員として、主に大手広告主にYouTubeをはじめとするビデオ広告、ディスプレイ広告のソリューションを提供するチームを担当し、直近ではデジタルメディアでのクリエイティブの活用について、また様々な業界と共同で取り組むイベントなどのお手伝いをするチームを担当。それ以前は20年以上にわたり広告業界、主に外資系のクリエイティブエージェンシーでグローバルブランドのマーケティングを担当。

    In April 2020, Takashi Takeda joined DoubleVerify Japan as Country Manager. Prior to that, he spent eight years as an executive officer at Google Japan, where he was responsible for providing video and display advertising solutions for YouTube and other major advertisers. More recently, he has been responsible for a team that helps leverage creativity in digital media and collaborates with various industries on events. Prior to that, he spent over 20 years in the advertising industry, primarily at foreign creative agencies, where he was responsible for marketing global brands.

15:45 - 16:05
Break
16:05 - 17:05
Working Group Discussion
  • 分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長
    分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長

    編集プロダクションで書籍編集を経験後、株式会社ジェイ・キャストでWebメディアの記者・編集者に。大手インターネットニュース「J-CASTニュース」をはじめ、医療情報や地域情報など多様なジャンルのニュースメディア運営に携わる。2018年8月に株式会社メディアジーンに入社し、DIGIDAY[日本版]編集部に所属。2021年より現職。

  • 田中準也
    Junya Tanaka
    株式会社インフォバーン
    代表取締役 社長
    田中準也
    Junya Tanaka
    株式会社インフォバーン
    代表取締役 社長
17:05 - 17:35
Presentation
17:35 - 17:45
Break
17:45 - 18:00
新業態「RaaS」がもたらす、次世代コネクティビティとは?:そごう・西武「CHOOSEBASE SHIBUYA」の挑戦
「サービス」としての小売、RaaS(ラース:Retail as a Service)が近年勃興している。そのなかでひときわ注目を集めているのが、そごう・西武が2021年9月にオープンした「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベースシブヤ)」だ。百貨店ならではの編集力を生かしながらも、百貨店の常識に捉われないこの試みは、ブランドと顧客との「接続性」にどのような影響を及ぼしているのか。そごう・西武でCHOOSEBASE SHIBUYAのディレクターを務める伊藤謙太郎氏に、モダンリテール[日本版]編集長の長田真が訊く。
  • 伊藤 謙太郎
    Kentaro Ito
    株式会社そごう・西武
    事業デザイン部
    CHOOSEBASE SHIBUYAディレクター
    伊藤 謙太郎
    Kentaro Ito
    株式会社そごう・西武
    事業デザイン部
    CHOOSEBASE SHIBUYAディレクター

    大手広告代理店・SIerを経て、2018年7月にそごう・西武に入社。2019年春より、新規事業の策定に取り掛かり、「Future of Retail」をテーマにしたOMOストア「CHOOSEBASE SHIBYUYA」を2021年9月にオープン。百貨店が培ってきた強みを活かしながら、テクノロジーを活用してリアルの消費体験を向上させることに挑戦中。

    After working for a major advertising agency and SIer, he joined Sogo & Seibu in July 2018. in spring 2019, he started to formulate a new business and opened an OMO store “CHOOSEBASE SHIBUYA” with the theme of “Future of Retail” in September 2021. He is now taking on the challenge of using technology to improve the real consumer experience while leveraging the strengths that department stores have cultivated.

  • 長田 真
    SHIN OSADA
    DIGIDAY[日本版] 編集長
    長田 真
    SHIN OSADA
    DIGIDAY[日本版] 編集長

    株式会社宣伝会議の月刊誌『編集会議』『ブレーン』の制作に携わった後、2004年に株式会社インフォバーン入社。国内有数のブログメディア「ギズモード・ジャパン」「ライフハッカー[日本版]」などのプロデューサー・編集長を歴任する。 その後、ソリューション事業で大手企業のオウンドメディア立ち上げ・運営 を担当。2015年9月よりDIGIDAY[日本版]編集長に就任。

18:00 - 18:20
ファーストパーティデータ、いかに最大活用すべきか?:LiveRampのソリューションで紐解く
プライバシー保護の強化や、デバイス、ブラウザによるデータ規制により、これまで当たり前だったマーケティング活動が満足に行えなくなっている。日々刻々と変化していく世の中で、もっとも信頼でき、コントロール可能なものは、ファーストパーティーデータだ。それを、“CONNECTIVITY”で最大限に活用可能にするにはどうすればいいのか。LiveRampのソリューションをもとに紐解いていく。
  • 鳥井 武志
    Takeshi Torii
    LiveRamp Japan株式会社
    営業
    日本営業責任者
    鳥井 武志
    Takeshi Torii
    LiveRamp Japan株式会社
    営業
    日本営業責任者

    2002年からインターネットビジネスに従事し、検索連動型広告最大手のオーバーチュアにて、ビジネスディベロップメント部門において主要パブリッシャーとのリスティング広告事業の拡大に寄与。Yahoo! JAPANによる買収後には、ディスプレイアドネットワーク事業ならびにアドエクスチェンジ事業も担当。その後、AudienceScience Japanを経た後、デバイス推定技術「AdTruth」の日本とアジア全体における事業責任者や、韓国最大のDSP/DMP企業Wider Planet Inc.の日本法人代表を経て、2019年よりLiveRamp Japanに日本営業責任者として参画。

    Takeshi Torii started my career at a trading company, and later joined K Laboratory, currently known as KLab, to participate in the business for telecom and ASP. After that, I joined Overture K.K. to develop partnership with major publishers. After the acquisition by Yahoo! JAPAN, I took charge of listing ad and display ad businesses, also launched Ad Exchange business in 2010.
    After participating in launch of AudienceScience Japan, I joined The 41st Parameter in 2013 as Head of AdTruth Japan to build up and lead the business in Japan, as well as sales director in APAC.
    In April 2017, registered Japan branch of WiderPlanet Inc. from scratch, and lead the business in Japan as President&CEO.
    Now working at LiveRamp and providing the identity technology for data safe haven.

18:20 - 18:35
お客さまは「神様」なのか?:カスタマーサクセスとコネクティビティ
プロダクトアウトとマーケットインーーデジタル化によって、顧客の力がますます増加するなか、これらのキーワードは二項対立で語られることも少なくない。果たして、前者が悪で、後者が正義なのか? カスタマーサクセスとコネクティビティのあるべき姿について、チョコレートブランド「Minimal – Bean to Bar Chocolate – 」を運営する株式会社βace取締役COOの緒方 恵氏とインフォバーン代表取締役社長の田中準也が考える。
  • 緒方 恵
    Kei Ogata
    株式会社βace(Minimal - Bean to Bar Chocolate -)
    取締役COO
    緒方 恵
    Kei Ogata
    株式会社βace(Minimal - Bean to Bar Chocolate -)
    取締役COO

    東急ハンズのデジタル部門責任者を経て、2016年に中川政七商店の執行役員CDOとして入社し、DXを推進。
    18年に取締役となり、販売・コミュニケーション・システム部門を統括。
    21年7月に取締役CDOを退任し、パートタイムオフィサー(PTO)に就任するとともに、Minimal – Bean to Bar Chocolate -を運営する株式会社βaceの取締役に就任。

    After working as the head of digital department at Tokyu Hands, he joined Nakagawa Masashichi Shoten in 2016 as an executive officer CDO and promoted DX.
    He became a director in 2016, overseeing the sales, communications, and systems divisions.
    In July 2019, he stepped down as Director and CDO to become a Part Time Officer (PTO), and also became a Director of Bace Inc. which operates Minimal – Bean to Bar Chocolate -.

    Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

  • 田中準也
    Junya Tanaka
    株式会社インフォバーン
    代表取締役 社長
    田中準也
    Junya Tanaka
    株式会社インフォバーン
    代表取締役 社長
18:35 - 18:55
体験のデザインが生み出す接続性
  • 大山 翼
    Tsubasa Ohyama
    株式会社グッドパッチ
    Design Division(デザインパートナー事業 国内クライアントワーク部門)
    General Manager
    大山 翼
    Tsubasa Ohyama
    株式会社グッドパッチ
    Design Division(デザインパートナー事業 国内クライアントワーク部門)
    General Manager

    ネットイヤーグループ・リクルートでのサービスデザインや新規事業開発を経験後、2017年11月グッドパッチ入社。UXデザイナー・プロジェクトマネジャーとして、金融・エンタメ・外食サービス等のサービスデザイン(プロセス設計・リサーチ・UXデザイン・要件設計)を担当。2018年よりクライアントワーク部門のマネジメントメンバーとして、デザイン戦略及びプロジェクトマネジメント領域のソリューション開発や組織開発を経て、現在はクライアントワーク部門の事業責任者として事業全体の組織マネジメントを担当。

    After working in service design and new business development at Netyear Group and Recruit Co., Ltd, I joined Goodpatch in November 2017, and as a UX designer and project manager, I was in charge of service design (process design, research, UX design, and requirements design) for financial, entertainment, and restaurant services. From 2018, as a management member of the Client Work Division, he has been developing solutions and organization in the areas of design strategy and project management, and is currently in charge of organization management for the entire business as the Business Manager of the Client Work Division.

    Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

18:55 - 19:05
Break
19:05 - 19:25
潜在顧客が動く「TikTok売れ」。その正体とは?
日経トレンディが選ぶ「2021年ヒット商品ベスト30」で第1位に輝いた「TikTok売れ」。かつてない瞬発力とインパクトを生む新しい購買行動に、いま注目が集まっている。なぜTikTokで人は動くのか? モノが売れるのか? 企業とユーザーの新たな接点として、マーケティング活用が加速するTikTokの秘密を、最新事例を交え紐解いていく。
  • 駒﨑 誠一郎
    Seiichiro Komazaki
    TikTok For Business Japan
    Global Business Marketing Japan
    Senior Brand Strategist
    駒﨑 誠一郎
    Seiichiro Komazaki
    TikTok For Business Japan
    Global Business Marketing Japan
    Senior Brand Strategist

    2010年~ オプト入社 営業兼プランナー
    2013年~ I&S BBDO 入社 デジタルストラテジスト
    2016年~ BBDO JAPAN Planning Director
    2019年~ PUMA JAPAN Marketing Planning Manager
    2021年1月からTikTok For Business Japan

    2010, OPT Inc / Sales and Planner
    2013, I&S BBDO / Digital Strategist
    2016, BBDO JAPAN / Planning Director
    2019, PUMA JAPAN / Marketing Planning Manager
    Jan.2021-, TikTok For Business Japan

19:25 - 19:45
儲け続けるための「実務家ブランド戦略」
「機能的価値」で差別化が難しくなった現代、よりよい「情緒的価値」の方がはるかに重要になった。ブランドづくりの目的は儲け続けること―-ダイキンの宣伝部長・片山義丈氏は、自著『実務家ブランド戦略』でそう言い切る。ブランディングを通して、現代のユーザーと関係を構築し、儲け続けるための方法論を紹介してもらう。
  • 片山 義丈
    Yoshitake Katayama
    ダイキン工業株式会社
    総務部広告宣伝グループ
    グループ長 部長
    片山 義丈
    Yoshitake Katayama
    ダイキン工業株式会社
    総務部広告宣伝グループ
    グループ長 部長

    1988年 ダイキン工業入社、総務部宣伝課
    1996年 広報部 広報担当
    2000年 広報部広告宣伝・WEB担当課長を経て
    2007年 より現職

    業界5位のダイキンのルームエアコンを一躍トップに
    押し上げた新ブランド「うるるとさらら」の導入、
    ゆるキャラ「ぴちょんくん」ブームに携わる。

    統合型マーケティングコミュニケーションによる企業ブランドと商品ブランド構築、
    広告メディア購入、グローバルグループWEBサイト統括を担当 日本広告学会員

    involved in building corporate and product brands through integrated marketing communications, advertising media buying, and the global group website.
    Responsible for building corporate and product brands through integrated marketing communications, advertising media purchasing, and global group website management.

19:45 - 19:50
Key Takeaways
  • 分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長
    分島 翔平
    Shohei Wakejima
    DIGIDAY[日本版]副編集長

    編集プロダクションで書籍編集を経験後、株式会社ジェイ・キャストでWebメディアの記者・編集者に。大手インターネットニュース「J-CASTニュース」をはじめ、医療情報や地域情報など多様なジャンルのニュースメディア運営に携わる。2018年8月に株式会社メディアジーンに入社し、DIGIDAY[日本版]編集部に所属。2021年より現職。

19:50 - 20:30
NetWorking Party

※変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

Sponsors

スポンサー
  • LiveRamp
  • Teads Japan株式会社
  • DoubleVerify Japan
  • Magnite
  • TikTok For Business Japan
  • グッドパッチ
  • Braze株式会社
  • パブマティック株式会社
  • Legoliss

Venue

開催場所
ザ・リッツ・カールトン東京
The Ritz-Carlton TOKYO
〒107-6245 東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
Tokyo Midtown 9-7-1 Akasaka Minato-ku, Tokyo, 107-6245 Japan

Tickets

チケット
  • STARTER VIP
    264,000円(税込)
    招待企業との1on1ミーティングを含みます。
    TownHallを除く、すべてのセッション、ディスカッションにご参加いただけます。
  • TICKET
    99,000円(税込)
    TownHallおよび1on1ミーティングを除く、すべてのセッション、ディスカッションにご参加いただけます。

DIGIDAY+ プレミアムプランにご登録いただくと、チケットが定価の10%OFF(STARTER VIPが¥26,400引き、通常チケットが¥9,900引き)になる割引コードをご利用いただけます。

DIGIDAY[日本版]が主催するイベントすべてにおいて同様の割引が実施されるため、大変お得なプランとなっております。

DIGIDAY+ について詳しく見る


※会場までの費用は各自ご負担ください。
※当日のキャンセル・返金は承っておりません。

Contact

お問い合わせ